2017年03月07日

Nintendo Switch開封してきます!

いよいよニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)が2017年3月3日に発売が開始されています。
この本体はWii Uのあと久しぶりの本体なので、世界で注目されます。
今日は本体を入手して、今から開封の儀を行いたいと思います!

ニンテンドースイッチのパッケージは赤を基調としたデザインです。正面を見ると、テレビと連結できることが分かります。
open01.jpg
今からOpenしようと思います。
パッケージの底では、何が入っているのか書かれています。
open02.jpg
詳しくはこちら。
open03.jpg
開封していきます!側面では、簡単なマニュアルが印刷されます。
open04.jpg
ニンテンドースイッチの本体とJoy-Con(左右一対のコントローラー)二つがあります。
open05.jpg
本体のトップは、左から右まで、電源ボータン、音量ボタン、排熱の穴が搭載されています。
それに、ゲームカードを入れるスロットもあります。
open06.jpg
底では、統一規格のUSB-Cとテーブルスタンドです。
open07.jpg
テーブルスタンドを引き出すとmicroSDカードスロットが出て来ます。
open08.jpg
Joy-Conは一般的のコントローラーと違い、マイナスとプラスボタン、ビデオボタン、ホームボタン搭載されています。
open09.jpg
SL, SRがちゃんと付けています。中央のライトはプレイヤーの番号を表示します。
open10.jpg
手で持った感じも思ったほど小さくないです。ゲームはちゃんとできると思います。
open11.jpg
以上はレーヤー1です。2層があります。
open12.jpg
Joy-Con専用のグリップ。
open13.jpg
後ろにリングが付けています。
open14.jpg
遊び中Joy-Conを飛び出すのを避けるために、専用ストラップを付けるとコントローラらしくなりますよね。Wiiのコントローラと似ているかな。
open15.jpg
組み合わせると、このようになります。
open15.jpg
変圧器は金属製で、高級感いっぱいで。
open17.jpg
HDMIも当然付けています。
open18.jpg
これがニンテンドースイッチの本体を入れることでテレビ画面に表示させることができる専用のドッグ(dock)です。
open19.jpg
ドッグを開くと電源ケーブル(USBーCポート)とHDMIを接続することができる。
open20.jpg
USBポートも搭載されています。
open21.jpg
Joy-Conをニンテンドースイッチ本体に装着してみよう。
open22.jpg
全体の重さは問題なく、子供でも軽くて操作できます。
open23.jpg
最後、本体をガードするために、一応バッグも買いました。
open24.jpg

初めての開封ですので、皆さんご清聴ありがとう!!





posted by apple at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]